設計スタッフ紹介Staff

竹之内 啓孝

チーフアーキテクト 竹之内 啓孝 Hirotaka Takenouti

竹之内 啓孝
経歴
1976年
大阪生まれ
1998年
大阪工業大学 工学部 建築学科 入学
2002年
大阪工業大学 工学部 建築学科 卒業
2004年
大阪工業大学大学院 工学研究科 建築学専攻 博士前期修了
2004年
大阪工業大学 工学部 建築学科 研究生終了
2005年
ゆう建築設計 入社
         一級建築士 / 日本感覚統合学会会員
24時間遊んでいる時も常に建築のことを考えます。
24時間休みの時も常に建築のことを考えます。
24時間いつも建築と向き合う事をここに宣言します。

■セミナー
2014年 透析セミナー『透析患者のためのサ高住の住宅事例紹介』
2014年 精神科セミナー『市街化調整区域を含む建替事例』
2015年 透析セミナー『透析患者の特徴を踏まえたサ高住計画・実例のポイント』
2016年 障害者セミナー(第1回)『すまいのディテール 』
2017年 特養セミナー(第8回)『社会ニーズに合わせた介護施設のサービスの複合化・多機能化』
2017年 障害者セミナー(第2回)『すまいのディテール 』
2018年 暮らしデザイン研究所講師
2018年 高齢者福祉事業者向けセミナー(第9回)『成功する「居ながら改修」の考え方』
2019年 障害者セミナー(第3回)『重度・高齢化に対応したグループホーム』
     『すまいのディテール』

■執筆
2017年 時空読本 障害者のすまいを考える
    「知的障害者の特性に合わせたすまいのディテール」担当
2017年  時空読本 高齢者福祉施設 高齢者のすまいを考える
    「老朽化した高齢者福祉施設の大規模リニューアル」担当
2017年  知的障害者施設 計画と改修の手引き(学芸出版社刊)
    「第3章住まいディテール」資料作成
2019年 時空読本 障害者のすまいを考える
    「重度・高齢化に対応したグループホーム」担当

■レポート
2016年 フランスの知的障害・精神障害者の住まい視察レポート

■製作・販売
2016年 感覚統合(SI)療法専用吊り金物(パイプ、レール)の製作・販売

担当作品