作品紹介Works

病院 / 精神科

オレンジホスピタル

1.概要

医療法人美喜和会 オレンジ・ホスピタルは、老朽化した既存精神科病院を移転新築して誕生した。 敷地は、高槻市の山手住宅街の北側の緑豊かな文教地区にある。
近くには、平安女子大学や関西大学があり、自然環境と近代的施設の融合による景観が創出されている。
本病院は、旧来の精神科病院と一線を画する開かれた精神科病院を目指して計画された。
急性期病棟とストレスケア病棟を恵まれた環境の中でのあり方を追求した建築デザインとしている。
患者様の合理的な治療と高い生活の質の維持を目指し、中庭を囲む2つの部分がつながった構成としている。

2.全体構成

平面プラン・コンセプト
 開かれた精神科病院として、患者が外気に開放された空間で治療を受けられることを基本とした。見晴らしのよい病室の出窓とともに、安全に外気に接することのできるバルコニーがある中庭を取り囲む平面構成としている。

●1階  外来・通所・管理部門
ここでは、外来機能と通所機能、さらに給食、管理部門の機能が配されている。
●2階・3階 病棟部門
病棟は、ユニットケアを基本に面積の合理的な使い方を重視し、病室を外回りに、その内側に中庭を囲む共用部を配置している。このため、居室の出窓は眺望が確保でき、共用部は中庭に開放されている。
●4階 洗濯室・庭園と展望台
集中型の洗濯室と患者が安全に出られる見晴らしのよい展望台と屋上庭園。

■安全で開放的な病棟を目指して

病棟は中庭を囲む病棟が2連となるワンフロアー2病棟形式としている。繋ぎの部分に2のスタッフステーションがあり連携が容易にとれる構成である。この裏側には保護室や観察室が設けられている。
中庭に面した共用部分にはコーナーにデイルームが設けられ、ユニット型の病棟構成としている。
また、中庭は1階より2階、2階より3階と面積を増し、十分に光あふれる開放的な広がりを示している。

■閉鎖病棟の開放性
◆眺望のよい病室(右上)
眺望のよい病室は建物外周部分にあり、出窓が設けられています。4床室では窓側と内部側のベッドは明かり障子風の衝立家具で仕切られ、プライバシーと機能性を両立しています。
◆中庭に面したデイルーム(右中)
中庭を取り囲む共用部分のコーナーには明るいデイルームがあり、ここを中心とするによるユニットケアを行っています。
◆スタッフステーションのカウンター(右下)
低いカウンターは、病棟内部の解放性を醸成しています。カウンター及びデスクの幅を確保し、容易に乗り越えられない構造としています。また、スタッフステーション内部は隣接する病棟のそれと連続していて連携が取りやすい構成としています

■ストレスケア病棟
ストレスケア病棟は急性期病棟に設置していますが、出入り口を分けまったく別のゾーンでの個室群の病棟としています。内装は、ホテル風で病院臭さが極力排除されています。
(右上)ストレスケア病棟のデイルーム。キッチンも設置されています。
(右上)病室は全て個室でTVやインターネットの準備がされています。
(右下)2Fの急性期病棟60床。12室のストレスケア病棟が含まれています

4.保護室を考える

■保護室の構成
◆保護室の内装
保護室では内装材や設備などについてはできる限り特異なデザインを避けるため、WC便器についてはFRP製品の通常の洋便器が用いられています。症状に応じて使える洗面部分を出入り口部分に設けています。
◆複数ある保護室ゾーンにはデイルームスペースを設けています。このようなしつらいは、保護室を個室病室としての使用することを可能にしています。

5.高いアクセシビリティーを目指す

■高いアクセシビリティ
アクセシビリティを高めるためには、親しみやすい外観デザインとともに1F受付から外来部門の考え方が重要です。
◆開放的な外観デザイン
ここでは、南国風のデザインとともに、玄関部分の小スケールのデザインを心がけました。
◆内科を併設する外来部門
外来を訪れる患者さまに、精神科の敷居を低く感じさせるよう内科の並診を行っています。

手を差し伸べるようなキャノピーと回廊

■木質系材料の使用
病院全体を木質系によるあたたかい雰囲気の内外装財を使用しています。手が触れる内装は木質系内装材を多用しています。また、外部や目から遠い部分には木質に見える材料を使用しています。
木質系材質感を重視した外観。(右上)
手すりは一体型の木製を使用し、壁材と塗装のコーディネーションを図っています。(右下)
外来部門の木質を多用したデザイン。(右下)

建築主
医療法人美喜和会
所在地
大阪府高槻市大字奈佐原
用途
精神科病院病院
 ◆病床数  : 240床
 ◆1階  :外来・通所リハビリ・居宅介護・厨房
 ◆2階 :認知症治療病棟・精神急性期病棟
 (一部ストレスケア病棟含む)
 ◆3階 :精神一般病棟
 ◆4階 :洗濯室・屋外庭園・展望台
構造
鉄骨造
階数
地上4階
敷地面積
15,865.32㎡
建築面積
9,186.56㎡
延床面積
3,713.84㎡
竣工年月
平成20年
担当者
衛藤照夫 , 河津孝治