作品紹介Works

病院 / 高齢者

辻外科リハビリテーション病院

都心における医療介護の複合施設

本計画は、下記の計画を行うための新築計画となり、医療と介護のさまざまなサービスが1つの建物に集まる複合施設となります。既事業移転計画:病院の外来、リハビリ部門、通所リハ、通所介護、厨房。新規事業計画:グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅  この「医療と介護のさまざまなサービスが1つの建物に集まる」と言う事ことは、利用者や患者さんにとってみれば「ここに来れば医療、介護のさまざまサービスが受けることが出来る」と言う「安心感」に繋がるものになるのではないでしょうか。設計者としては、この医療と介護のさまざまなサービスが集まることで生まれる「安心感」をいかに建物全体として引き出すかが大きなテーマであると考えております。

また、本計画敷地は難波のすぐ東に位置する都心の中にあります。計画敷地の確保には多大な苦労があり、整形な敷地の確保は困難極まるものがあります。本計画敷地も整形な敷地ではありません。この計画敷地の中で、いかに敷地を有効活用し建物を建てるかと言う事も重要なテーマの1つと考えております。

建築主
医療法人歓喜会
所在地
大阪市天王寺区
用途
病院(外来)、外来リハ、通所リハ、グループホーム、通所介護、サ高住、厨房
構造
鉄骨造
階数
地上8階+搭屋
敷地面積
741.24㎡
延床面積
4,658.66㎡
竣工年月
平成28年6月
担当者
竹之内啓孝 , 木下博人