作品紹介Works

診療所 / 透析 / 高齢者

医療介護複合施設 グランマーレせいほう

建物正面より

概要

計画地は京都府舞鶴市のJR西舞鶴駅徒歩3分の場所にあります。また国道27号線にも面しており、非常にアクセスのよい立地です。
計画当時、西舞鶴地域に人工透析を実施できる施設が無く、西舞鶴地域に住まれる透析患者の方は東舞鶴地域まで行く必要があり苦労されていました。そんな中、地域住民の要望を受けた舞鶴市から西舞鶴地域に人工透析施設整備の要望があり、その要望にこたえる形で、この地で人工透析施設を整備する運びとなりました。また社会医療法人社団正峰会は以前から舞鶴市において老人保健施設や住宅型有料老人ホームを運営しており、地域における福祉サービスの強化を目的として、様々な医療・介護機能を持った複合施設の計画を行うこととなりました。

建物南西側より空撮 中央奥の建物がJR西舞鶴駅

エントランス周辺

外観・内観デザイン

施設名称の「グランマーレ」とは「壮大な海」という意味を込めて名付けられました。建設地の舞鶴は日本海側でも有数の商業港として栄えてきました。また明治以降は軍港としても発展を遂げてきました。その際に建設された赤レンガの建築群は今でも舞鶴赤レンガパークとして市民や観光客を楽しませている舞鶴の象徴的な建物です。この地に建物を計画するにあたり、地域住民の方々に親しみを持って受け入れていただき、また利用していただける施設を目指して、舞鶴の方々にとって馴染み深い赤レンガの建物をイメージした外観デザインに決定しました。周辺地域では大型のこの建物は、地域の景観になじみながらもしっかりとした存在感を持つ建物となっています。
内観デザインは高級感のあるマンション、ホテルをイメージし計画を行いました。木目調や石調の素材を積極的に取り入れ、また単調な印象にならないよう、様々な色柄の内装材を配置することで、色々な表情を持った空間を演出しています。

エレベーターホール

診療所待合

建築主
社会医療法人社団 正峰会
所在地
京都府舞鶴市
用途
診療所(透析室21ベッド)
サービス付き高齢者向け住宅(80室)
(うち特定施設入居者生活介護27室)
デイサービス(定員30名)
児童発達支援・放課後等デイサービス(定員10名)
障がい児(者)相談支援事業所
企業主導型保育所
定期巡回随時対応型訪問介護看護事業所
訪問看護ステーション
訪問介護ステーション
構造
鉄筋コンクリート造
階数
地上6階
敷地面積
2,254.25㎡
建築面積
1,350.55㎡
延床面積
6,160.17㎡
竣工年月
令和2年3月
担当者
相本正浩 , 玉井英登