作品紹介Works

診療所 / 精神科 / 高齢者

デイサービスみやまき・三山木診療所

外観1 クリニック出入口側

京田辺市飯岡南原にある精神科病院で有名な田辺病院の、 三山木駅前に開かれる精神科クリニックと認知症対応型デイサービスの新築計画です。
計画敷地は三山木地区特定土地区画整理事業の一画に位置します。 京田辺市の景観の方針として、同志社大学の最寄りの駅となることから、 レンガ色を基調とした町並みを目指しており、 本件のデザインの方向性も京田辺市の景観の方針に合わせ、 2色の茶系のタイルを使用することで未来の景観に調和させるべくデザインしました。
内部計画は南面に待合、食堂兼機能訓練室を配置し、 大きな窓を設けることで明るく温かな空間になるように計画されています。

外観2 デイサービス出入口側

■精神科クリニック内観

診療所に入ると、濃い木目を基調としたぬくもりのある静かな空間が広がります。ゆったりとした気持ちで診察までのお時間を過ごしていただけます。

内観1 クリニック待合 診察側を見る

内観2 クリニック待合 風除室側を見る

認知症対応型デイサービス内観

食堂兼機能訓練室はゆとりをもった広さで作られ、設備基準として求められる室面積36㎡(利用定員12名×3㎡)に対し45㎡(利用定員15名相当)としています。

内観3 デイサービス食堂兼機能訓練室 受付側を見る

内観4 デイサービス食堂兼機能訓練室 窓側を見る

建築主
医療法人芳松会
所在地
京都府京田辺市
用途
認知症対応型デイサービス・精神科診療所
竣工年月
平成23年2月
担当者
竹之内啓孝