作品紹介Works

病院

宇治武田病院 特養ヴィラ鳳凰 職員寮

~信頼の医療に向けて~ 
武田病院グループ・宇治武田病院

2007年春に竣工しました。
武田病院グループの基本方針である
  ●ブリッジ・ザ・ギャップス
  ●患者さん権利の尊重
  ●地球にやさしい環境づくり
を基に、宇治武田病院を中心とした医療・福祉ゾーンの形成を目指しました。

病院・玄関ホール

病院・ホスピタルコリドール

宇治武田病院は次の5つのコンセプトで設計されています。

Ⅰ高い質の医療を提供する   
~スーパー・ホスピタル~

1,先進医療サービスの提供
2,救急医療への対応
3,診療情報の適正管理
4,納得のできる医療提供

救急部門、放射線部門、手術部門をより一層充実させます。また、リハビリテーションや透析、予防医学にも力を入れ、社会復帰のお手伝いや継続した治療を行っていきます。放射救急医療や線治療などへは最新の医療設備で臨み、最新の設備と真心のこもった看護で、先進医療サービスを提供します。常に患者様に納得していただけるサービスを心がけます。待ち時間を短縮し、プレイバシーに配慮し、治療の不安や苦痛を少しでも和らげたいと思います。

手術室

放射線治療室(トモセラピー)

Ⅱ患者様に満足を提供する   
~ホスピタリティー・ホスピタル~

1,ホスピタリティーの追求
2, 癒しとやすらぎへの配慮
3,安全の確保
4,患者様の利便性への配慮
5,プライバシーの尊重
6, 診療環境の充実

プライバシーを尊重した快適な病室。おいしい食事を楽しんでいただける心和む空間。常に安全で、安心して治療を受けていただけるセキュリティー。喫茶や売店、図書館などの施設の充実。ここで治療を受けること全てにおいて満足していただけることを目指します。

クックチル方式で安全でおいしい給食を提供する厨房施設

外来のカフェテリア

Ⅲ院内の環境を高める   
~クリーン・ホスピタル~

1,感染防止管理
2,安全性・快適性の推進

感染防止は医療施設の使命の一つです。日々の清掃をしやすくし、常に清潔が保たれるよう工夫されています。壁付きの便器、床材の立ち上げ、自動水栓グースネックの手洗いなどは標準です。

Ⅳ地球にやさしい環境づくり   
~エコ・ホスピタル~

1,地球環境の保全
2,省資源・省エネルギーの推進
3,廃棄物の減量化
4,リサイクルの促進

宇治武田病院はこれまでも、省資源・省エネルギーに取り組んできました。これからは、もう少し視野を広げて、地球の環境全体にやさしい病院を目指します。廃棄物をできる限り少なくし、リサイクルを促進し、地球温暖化防止に少しでも役立ちたいと思います。地球にやさしい病院になることが、患者様にもやさしい病院になると考え、最善の努力をしていきます。

Ⅴ地域とともに進む   
~リージョナル・ホスピタル~

1,地域の医療拠点の役割
2,災害時拠点の役割
3,予防医療の推進
4,医療・福祉ゾーンの形成

病気の治療だけでなく、病気を予防することにも力を入れ、地域の健康増進に力を入れます。万一の災害時には、外来の中央廊下で医療活動ができるよう酸素や吸引の設備を備えています。現在の児童公園に隣接して土地を提供し、公園を拡大します。地域の子供たちがのびのび遊べるよう、地域の方たちが集える広場になるよう、願っています。

特養

特養

職員寮

職員寮

所在地
京都府宇治市
担当者
砂山憲一 , 河津孝治 , 近藤吉広 , 岩﨑直子 , 玉井英登