作品紹介Works

病院

丹後中央病院 リハビリ棟・研修講堂

丹後中央病院は平成20年には『日本リハビリテーション医学会研修施設』として認定された、整形外科手術・治療で有数の総合病院です。 このたびの増築工事は、一層のリハビリテーション部門の充実と、研修医の受入れ施設としての研修講堂建設を目的としたものです。

限られた敷地の中で、病棟の中庭が建設用地として選ばれましたが、工事は困難の連続でした。 中庭への搬入方法が限られている。周囲が病室に囲まれている。周囲への騒音、振動、臭いへの配慮、病院を運営しながらの動線の整理など。 工事の定例では、毎週のようにこれらの課題を一つ一つ取り上げては話し合い、調整するといったことの連続でした。 そして、建物が完成し、中庭にかつて根付いていた樹木の一本(たぶの木)を、建物の北側に移植して、根付いたところまで見届けて、ようやくこの計画は竣工を迎えました。

中庭で青々と枝を伸ばすたぶの木

移植後、新しい場所に根付いたたぶの木

建築主
丹後中央病院
所在地
京都府京丹後市
用途
病院
敷地面積
13,547.94㎡
建築面積
491.54㎡
延床面積
880.60㎡
竣工年月
平成21年3月
担当者
衛藤照夫 , 清水大輔