作品紹介Works

その他 / 耐火木造

ASICS CONNECTION TOKYO|アシックスコネクション東京

隅田川沿道から建物をみる

スポーツ基軸のライフスタイル提案型施設

―東京・浅草、隅田川の世界中の観光客が賑わう船着場からの眺望.その眺望に突然、白い箱が風景の一つとなって現れた―

本施設は、東京都墨田区が実施した「リバーサイドカフェの開設・運営を行う事業者」の公募において、アシックスジャパン株式会社が事業者として選出され、『サスティナブルコミュニティスペース』をコンセプトとして計画された建物である。 地元住民や隅田川エリアを訪れる観光客を対象に、ランニングステーション、ヨガ、カフェといった、スポーツを軸としたライフスタイルの提案を持続的に行い、絶えず人が集い行き交うような場所となることを目指した。 外観は、隅田川沿いの自然豊かな周辺環境との調和を図り、かつ、周辺の夜間のカラフルなライトアップの中でその存在を際立たせるよう、ホワイトを基調とした色彩計画とした。また、明るい自然光が入るガラスの開口部を設け、利用者に対してオープンな雰囲気のデザインとした。

ボックスカルバート上にある建物

耐火木造による建物の軽量化

計画敷地がボックスカルバート上であり、計画時には建物の軽量化が求められた。また、当該敷地は、商業・防火地域の上、必要面積を考慮すると耐火建築物が前提となる計画であった。 そのため、耐火建築物で、木と鉄骨の複合梁という特徴を持つテクノストラクチャー工法を採用し、耐火木造2階建の建物を計画した。

外部と一体的に利用できるカフェスペース

1階カフェスペースは、天井高を出来る限り確保して、ランニングシューズをはじめとするディスプレイが映えるように、ホワイトを基調としたシンプルな背景とした。内部には木を感じてもらえるよう、壁面に木の格子のデザインを採用した。

照明計画は、柔らかな雰囲気を演出し、ディスプレイ照明としても適したスポットライトによる間接照明とした。また、アウトサイドカフェテラスと内部カフェスペースとを一体的に利用できるように、大きな開口部を設け、外観のデザインとも調和したシンプルなデザインとした。

目の前の隅田川のゆっくり流れる時間を楽しめるアウトサイドカフェテラス

浅草の観光客も気軽に立ち寄れるカフェスペース

明るく開放的なヨガスタジオ

2階ヨガスタジオは、トップライトと、3つの大きな窓を設けて、明るく開放的な雰囲気とし、周辺の自然環境やスカイツリー、隅田川を借景として取り込み、外部と一体となった空間の中で、ヨガを楽しんでいただけるような心地よい空間を目指した。

2階ヨガスタジオ

隅田川のランニングコースが表現されたピクチャーアートの壁面をもつ階段

建築主
アシックスジャパン株式会社
所在地
東京都墨田区
用途
店舗(カフェ、ランニングステーション)
構造
木造(耐火構造)
階数
地上2階
敷地面積
3,102.67㎡
延床面積
168.00㎡
竣工年月
平成29年5月
担当者
河津孝治 , 山崎慎二 , 山本朋子