作品紹介Works

子ども

鳥飼さつき園

物は園庭側へ開放し、シンボルである虹の塔が 中央にそびえています

昭和50年より家庭や地域と連携を図り、子育てを支えてこられた保育園です。  開設より3期にわたり増築をされてきましたが、建物の老朽化(旧耐震)・設備の老朽化が進み、 今後も地域の子育て支援に積極的に寄与する為、建替えを決断されました。 220人という沢山の子供が生活を行う施設なので、子供目線を常に持ち、先生方の目線も考慮し、 楽しく・安全に生活出来る施設づくりを目指しました。

お施主様からの要望は 1、とにかく明るく 2、建替え前は屋外廊下を介して教室へ入る動線だったので絶対中廊下にしたい 3、子供が安全に日中の生活を行える でした。卒園生を対象に学童保育も行われ、卒園しても「さつきの子」として成長を見守られています。

建物は園庭側へ開放し、シンボルである虹の塔が 中央にそびえています

壁をてんとう虫が登っています。子供たちが元気に未来に向け飛び立てるよう願いを込めました

エントランスは220人の子供と親子さん達がストレスなく登下園 出来る広さを確保し、 段差を無くしました

0~1歳児は、教室の前に下駄箱を設置

0~1歳児室・ランチルーム :床暖房完備です。床暖房は、電磁波レスの製品を使用しています、1日の大半をここで過ごし床へ座る・寝る事が 大半である子供達なので健康面を考慮し採用しました。 ランチルームには子どもキッチンを設置、食育の楽しさを体験出来るよう計画しました 子ども達が厨房を見られるよう窓も設置しました。

手摺は取り外し可能です、フルオープンスペースにもなります  塗装はもちろん子どもが口にしても大丈夫な塗料を使用しています

各保育室からは直接トイレへ行けます

廊下の色を変える 階により色を変える事で子ども達が視覚的な判断が出来ます。

外部の廊下には、床から開口を設け外部にいるような廊下を配置しました 。安全面においては、2重ガラス・下部開口には飛散防止フィルムを貼ってあります。

楽しく階段を登れる様虹色に塗り分けました

建物のシンボル塔の内部は子ども用ベンチを  設置、子ども用サロンです  本を読んだり、友達とお話したり使い方は  色々です

子どもサイズのボルダリングです  雨が続く時には重宝する遊具になるはずです

子どもサイズのキッチンと作業台を作りました  園庭には菜園も計画しています  食育の楽しさを体感できます

年少・年中さん用  トイレが判る様うさぎが覗いて待っています

年長さん用  扉の取っ手に色々な動物がついています

建築主
社会福祉法人 摂津会
所在地
阪府摂津市
用途
保育園(220人)
構造
鉄筋コンクリート造
階数
地上3階
延床面積
1,178.79m2
竣工年月
平成27年3月
担当者
秦智子