作品紹介Works

高齢者

三松会総合福祉センター たんぴ野

人と人とのふれあいを大切に
施設を利用する方、施設を訪れる方
全ての人がほのぼのする
そんなあたたかい場所にしたい

社会福祉法人三松会 三松会総合福祉センターは、1階に事務部門・厨房および就労継続支援施設、2~4階に小規模多機能施設9床、小規模特別養護老人ホーム3ユニット29床、グループホーム2ユニット18床ずつを配した、総合福祉施設です。
三松会の理念である、「地域で人と人のつながりを大切にし、安心して心豊かに暮らせるよう”共に生き支えあう地域”の実現を目指します。」に基づいて、設計し建設されました。

1階玄関ホール:施設の入口は、木目調で明るい雰囲気です。

2~4階ホール:ユニット玄関の前には明るく広いホールがあり、 入居者が自由にくつろぐことが出来ます。

小規模多機能ホーム:食堂・居間 木目調を基調とした家庭的で明るい部屋になっています。

和室:小規模多機能ホームには2間つづきの和室があり、 居間としてもショートの居室としても使われます。

特別養護老人ホーム:共同生活室 木目調を基調とした家庭的で明るい部屋になっています。 クロスは薄ピンクで温かい雰囲気です。

居室:フローリング調の床と壁面のクロス貼り分けで温かみのある居室です。

トイレ:壁掛け式便器と床巻上げで清掃が容易です。 手すりの位置・便座高さは実物大模型で検討しました。

一般浴室:機械浴とは別に一般浴室にも酒井医療のパンジーを入れ介護の負担が軽減されます。

建築主
会福祉法人 三松会
所在地
大阪府羽曳野市
用途
特別養護老人ホーム 29床、グループホーム 18床、小規模多機能施設、通所授産施設
構造
鉄骨造
階数
地上4階
竣工年月
平成23年2月
担当者
衛藤照夫