作品紹介Works

診療所 / 透析

桜ケ丘東山クリニック

透析室

■透析患者にとって快適な透析環境の創造

ビルテナントの特徴を踏まえた、新しい透析クリニック計画のご提案

○透析患者の高齢化対策 = 狭さ対策
既存クリニックでのベッド間距離、通路幅をベッド横まで車椅子で動くために ベッド間距離:80cm、通路幅:1.2mを確保した。
 ・バリアフリー化
 ・ゆとりのある更衣室計画
 ・扉の自動化

○安全性の確保 ~使いやすさ・動きやすい空間計画
 患者とスタッフが交差しない動線計画
 透析中のWC使用を透析室から簡単にアクセス可能にした計画
 (透析室内のスタッフが手薄にならないための工夫)
 袋小路になりがちな透析ベッド、カウンターレイアウトに サブ通路を確保。
 ⇒患者の急変時にいち早く気づき、患者の元に移動できる。
 透析室内にゴミ箱や器材の収納スペースの確保
 1階(避難階)の条件を生かし、別の避難経路を2か所計画
 ⇒多人数の透析治療時から分散避難できる通路を確保した。
 既存のクリニックは、4,5階にあったため、東日本大震災で患者様の避難対策が最大の課題だった。

○感染対策
 ・透析室内に均等に手洗いを設置
 ・新型インフルエンザ流行時の隔離個室を設置。
 ⇒ただし、個室の囲い壁を可動とすることで 、通常は一般の透析ベッドの並びで治療可能とした。

○照明計画
 既存の天井面の梁型をうまく利用した計画
 穿刺時と透析治療時を切り替えやすい照明計画
 透析治療時に患者にとって目に優しい間接照明を採用

○空調計画
 既存の天井空調(システム天井の天井内チャンバー方式)をコストをかけずに
 夏場の吹出風が直接、患者に当たらない工夫による対策

○天井高さの確保
 同一フロア用の中和装置を採用

透析室 

院長室からも見通せる透析室

スタッフステーション前のカーテン有ベッド

 受付

廊下

患者待合  

更衣室

車椅子用WC  

胸部X線室

透析機械室  

建築主
医療法人社団 東山会
所在地
東京都多摩市
用途
透析診療所
延床面積
1F/564.97㎡(170.9坪) 透析クリニック
3F/118.31㎡( 35.7坪) 管理部門
竣工年月
平成25年12月
担当者
河津孝治