作品紹介Works

病院 / 透析

桃仁会病院

京都屈指の人工透析施設として700名を超える透析患者を受け入れている医療法人桃仁会桃仁会病院の新築工事が完成しました。
免震構造を取り入れた安全性の高い建物、100床の透析治療を無柱空間で行う機能性、実物大模型実験による空調設備の快適性、美しい曲面をもつデザインなど、様々な工夫を取り入れています。
高い透析技術と細やかなケアで優れた医療を提供することを目標に掲げ、総合的な治療を目指して新病院での治療を開始しました。

幹線道路に面した建物は、緩やかな美しい曲面のデザイン。 正面、3階の食堂からは宇治川を望む美しい景色が広がる。

快適な病棟:病室は全室南向き

全ての病室が南向きに配され、各ベッドはから宇治川を臨むことができる。

病室の形状を工夫した個室風4床室

各ベッドサイドに窓を設置

機能性の透析室:無柱空間で快適な治療を

100床の透析治療室を無柱空間で

中央ナースステーション

100床の透析室・椅子式が中心

分りやすい外来:明快なゾーニング

ホスピタルコリドールを中心とし、ウェイファインディングを実践した外来

ホスピタルコリドール

診察待合

ホスピタルコリドール

エントランス

建築主
医療法人桃仁会
所在地
京都府京都市伏見区
担当者
河津孝治