作品紹介Works

その他

増田医科器械 京都WEED SPD倉庫 新築計画

鳥瞰。見晴らしのよい4階に事務所を配置。1階は計画地の4倍の広さがある公園に面して庇+ピロティによる奥行き7.5mのトラックヤードを計画。

計画概要

 増田医科器械は、京都を起点に医療機器関連・医療用ガスを販売する総合商社として出発し、現場の要望に応える中で事業を拡大されました。現在は近畿一円でMRI・内視鏡・手術台等の精密機器から消耗品に至るまで医療・理化学機器全般を幅広く販売し、納品後のメンテナンス、アフターフォローまで手掛けられています。

 今回の計画では、契約先病院の医療材料を、発注から消費まで管理する院外型物流システム(以下、SPD)倉庫の拠点を本社近くに別棟で拡大整備します。SPD倉庫はグループ企業である京都WEEDが担いますが、WEEDには「雑草」という意味があり、社名には「雑草のように逞しく生き抜く会社」という想いが込められています。

 倉庫が主用途の建物ではありますが、契約先病院の大切な医療器材を預かる流通の拠点 として、機能とコストの要求を満たしつつ、シンプルで力強い、周囲の自然に馴染む色と形の建物をつくろうと考えました。以下、計画時に考えたねらいです。

外に対する佇まい

 計画敷地は南は大通り、西は敷地の約4倍の広さの公園に面する角地で、東も青空駐車場であることから三方に開けた立地にあります。倉庫に効率的に棚を配列しやすいことと、コストの両立を考えて、建物は総4階建てを基本形とします。その上で機能的に必要な要素(トラックヤード、エントランス周りの雨除け、消防隊活動用バルコニー、事務フロアの開口)による凹凸や庇の見せ方をデザインしました。特に様々な物や人が出入りする1階部分は、北側(画像左)の10トン車用寄り付き、西側(画像中央)の4トン車用寄り付き、それに南西角(画像右)の人を迎え入れるエントランスとスケールに合わせて天井の高さや仕上げの材料に変化をつけてを雰囲気の切り替わりを意識して計画しました。

画面左(北)から右(南)にかけて、天井高や仕上げ材料によりトラック(物)のスケールから人のスケールへ雰囲気を調整

物が出入りする境界の設計

 倉庫内は人によるピッキング作業がメインとなるため、特に夏場の暑さ対策として書庫や階段室など一次的な利用の部屋を除き全て空調します。そのため荷捌き場である1階の搬入口は空調負荷を減らすための工夫が必要になります。

 出入口の種類を開閉の頻度に応じて下記の3タイプに分類し、それぞれに見合った建具を計画することで空調負荷のロスを減らす計画としました。これは、5年前に滋賀支店の建替えをご依頼いただいた際に計画時に使い勝手を細かくヒアリングし、提案・採用した結論を活用して決定しました。

 ①まとまった搬入出がある時だけ一時的に開け放しにする場所は上下昇降式シャッター
 ②台車を使って日常的に頻繁に出入りする場所は引き分けの自動ドア
 ③基本人のみが出入りする場所は親子の開き戸または手動の引戸

1階荷捌きスペース 外との境界になる建具は開閉の頻度に合わせてタイプを使い分けて計画

倉庫に適した仕上げを考える

 倉庫の内部空間として、シンプルで手入れがしやすく、物の把握がしやすいこと。それと 同時に人が動き回り、一定時間滞在する空間として耐えうるものであることの両面から仕上げを検討しました。 コストを抑えるために仕上げの種類(工種)を絞り、工事手間を減らすことを考え、 床はコンクリート素地の研磨仕上げ、壁は外壁パネル素地に塗装、天井はボード貼りと 構造材の梁現しに耐火被覆の2タイプありますがどちらも白系の明るい色目とし全体が 白から薄いグレーまでの明るい色調を想定しています。

 次に、手で色々なものを運ぶことから扉の開閉が必要な箇所を極力減らし、建具減によるコスト削減効果と使い勝手上の利点を追及しました。トイレの設備も同様の考えで照明、換気扇共センサーを採用しました。 一方で、将来レイアウト変更の可能性がある間仕切は軽量鉄骨に比べて割高になりますが、改修のしやすさを優先しスチールパーティションを採用しました。以上のように一つ一つの機能と目的を明確にしてコストコントロールを行い、工事費を想定の範囲に納めることができました。

運用の変化に備える

 倉庫でのピッキング作業は、様々な病院の要望に合わせて対応するため、自動化設備 までは導入せず、ソフトによる管理システム改善と人的スキルの組み合わせで運用し ます。ただし、将来的に協働型ピッキングアシスタントロボット(※)を基本的な仕 組みを変えずに導入できるよう、荷物用エレベーター付近の拠点となる箇所に充電用 の回路とスペース を準備しました。

※協働型ピッキングアシスタントロボット参考例:ラピュタロボティクス


1階荷捌きスペース 奥の事務スペースは将来のレイアウト変更に備えてスチールパーティションで計画

倉庫の中の事務フロア

 1階と4階には倉庫に隣接して事務部門があります。1階は荷捌きスペースと連携するための事務所、4階は執務、打合せ、それに食事や休憩の場を兼ねたスペースになります。事務フロアは将来のレイアウト変更に対応できるよう全面OAフロアで計画します。

 特に4階の事務フロアは最上階であることと、屋根に設備機器が載らない利点を活用し、 鉄骨梁の架け方を工夫して30m×19m合計570㎡の面積を無柱空間で計画しました。この空間は建築では間仕切りをつくらず、家具の設えによって空間の粗密・目線を調整し、執務ゾーン、打合せゾーン、食事や休憩を取る場を適宜ゾーニングする計画です。このことにより将来の人員増や空間の使われ方に自由度を持って対応できます。

建物の大枠は決定しましたが、より効率的で、かつスタッフが気持ちよく働ける物流拠点となるよう工期の間中現場での検討は続きます。新しい拠点は来年8月末に竣工します。

4階事務スペース 30m×19mの無柱空間 運用に応じて家具の設えを変えることにより、OAフロアの敷設替え程度で将来の変化に対応

建築主
増田医科器械
所在地
京都市伏見区
用途
倉庫・事務所
構造
鉄骨造
階数
地上4階建て
敷地面積
1,900.41㎡
建築面積
1,314.50㎡
延床面積
4,636.32㎡
竣工年月
令和4年(2022年)8月
担当者
清水大輔