セミナーSeminar

障害者

知的障害者のすまいオンラインセミナー【ライブ配信】

開催日:2021/03/02(火)

ZOOMによるオンラインセミナー

『障害者施設におけるWithコロナの私たちが考える守るべき建築対応と事例紹介』

 

次の日程から参加希望日を選んで下さい。(※セミナー内容は各回同じです。)

弊社より、ご登録頂きましたメールアドレスに参加用のメールをお送りします。

開催日:第1回 令和3年3月2日(火)※受付終了

    第2回 令和3年3月6日(土)10:30開始~12:00終了予定(受付10:00~)※受付終了

    第3回 令和3年3月6日(土)14:00開始~15:30終了予定(受付13:30~)※受付終了

参加費:  無料(事前申し込みが必要)

定員:   各回 80名 たくさんのお申込みありがとうございました!

申込〆切: 3/5(金) ※受付終了しました。


■第1部  10:30~11:10/14:00~14:40

「既存入所施設で実行しているコロナ対策について」(BCP・DCPの視点から)

講師:福知山学園理事 危機管理部長   山本真也

   福知山学園理事 みわ翠光園施設長 廣田 真

新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、社会福祉法人福知山学園ではご利用者の安全と健康な生活の確保と、職員が安心して働ける環境づくりのため、様々なコロナ対策を行っています。法人全体の取り組み、また障害者支援施設「みわ翠光園」における対策について具体的事例を示し紹介します。

・法人 感染予防対策指針等 基準の統一化(BCP・DCPの視点から)

・市内感染状況に合わせた3つのフェーズによるコロナ対策

・発症者が出た場合のゾーニング方法(屋外グリーンゾーンの設置)

・ご利用者の特性に合わせた、隔離静養の実際


■第2部  11:10~11:40/14:40~15:10 

Withコロナの私たちが考える守るべき建築対応と新築計画の事例紹介」

講師:ゆう建築設計 竹之内 啓孝

Withコロナの私たちが考える守るべき建築対応と、現在社会福祉法人福知山学園が進めている新築建替え計画で考えた「新みわ翠光園」「つどいの場」におけるコロナ対策を事例として紹介します。

Withコロナの私たちが考える換気や手洗いなどの守るべき建築対応

・コロナ発生時のゾーニングを見越した建築計画と動線計画

・コロナ禍でも知的障害者が外出できるサードプレイスの提案


■第3部  11:40~12:00/15:10~15:30

質疑応答:1部、2部の講師がご質問にお答えします


セミナー詳細は こちら

セミナー配布資料