作品紹介Works

障害者

障害者支援施設 あゆみが丘学園ブナの木寮 改修

鳥瞰写真 手前に見える建物が高齢者棟・ブナの木寮 奥が居住棟、デイルーム、多目的ホールを増築した本館

はじめに

 知的障害者入所施設あゆみが丘学園の高齢者棟・ブナの木寮の改修計画です。建物は隣接する本館が昭和60年(1985)に開園してから11年後の平成8年(1996)に整備されました。本館は3年程前(2015)に増築を含めて大規模改修が完了しており、今回は高齢者棟の方も同様に居住環境を改善したいとのことでご依頼をいただきました。

→前回の大規模改修のページはこちら

 ブナの木寮の利用者は平均年齢70歳で基本は65歳以上の方が対象ですが、精神障害のある方や、穏やかな生活が適している方など60歳未満でも障害の特性とその人の性格に応じて本館と住み分けをして対応されています。日常的な移動は自立の方、車いすの方、歩行器など様々ですがリクライニング車いすの方や医療的ケアが必要な方は現在いません。

 建物は築22年が経過し、躯体、防水、屋根など外部周りの改修を行う時期ですが、今回は予算の制約もあり内部の使い勝手改善を優先し、外部改修は見送りました。また、建物の周囲は高低差があり、敷地の空きもなかったため、増築は行わず、今ある床面積の中で高齢知的障害者の居住環境をどうやって改善していくかがポイントでした。下記5つの視点から検討した内容をお伝えします。

1.日中の居場所の拡張・充実
2.居住空間の温熱環境の改善
3.利用者の変化に伴う洗濯機能の集約
4.トイレ環境の改善
5.支援員の働きやすい環境づくり

1.日中の居場所の拡張・充実

 利用者の高齢化により食事や排泄の介護の手間が増えたことと、車いすや歩行器の使用など、自力で外出できる利用者が減ったことにより利用者の外出介護に職員が対応できなくなったことの両方の変化があり、日中を建物内で過ごす時間が増えました。現状は居室以外で集まる場所が中庭に面したデイルームしかなく、午前と午後に2回ある喫茶の時間もお茶等を配膳室からデイルームに運び、実施している状況でした。

 知的障害者の入所施設では食事の盛り付け時に待たずに食べてしまうことを防止することや、食事と日中活動の場を分けて生活のリズムをつくる目的で食堂は食事以外の時間は閉じて運用するのが一般的です。あゆみが丘学園でもこれまで本館・ブナの木寮共にそのように運用されてきました。一方、高齢者棟であるブナの木寮では高齢化が進むにつれそういった行動が少なくなり、食堂を閉じて運用しなくてもよくなってきている状況があり、食堂が見晴らしのよい場所に面しているのでここを日中の居場所としても使えたらという提案を行いました。

 そのような運用が現実に可能かどうかを確認するために、現在の状況のままでテーブルのレイアウトや職員動線を工夫していただき、デイルームの場所を食堂としても使えるかを食堂の場所を実際に移動して運用してもらいました。。下記4枚の写真の左2枚が食堂移動前で、右2枚が食堂の場所を移動して試しているところです。一週間ほど様子を見てもらった結果、盛り付けの時間も含め食堂を扉で仕切らなくても特に問題ないことが確認できました。その上で、新しい利用者が入るなど、状況が変わった時のことも想定し、元の食堂を閉じた使い方にも戻せるように配膳室を拡張し、二方向配膳が可能な改修計画としました。

 次に、喫茶の時間は食事とは分けてカウンター形式で提供したいとの要望があり、ほとんど使われていなかった通路の一角にカウンター付き喫茶提供スペースをつくりました。このスペースは喫茶時以外は窓を閉めてロールスクリーンを下ろすと職員用の流しとしても使える想定としています。これら2点は増築スペースがない中で今あるスペースを有効活用し居場所を拡張・充実する提案です。

改修前1階平面図(2階平面図は省略)

改修後1階平面図(2階平面図は省略)

入替え前:中庭に面したデイルーム

入替え後:デイルームを食堂兼デイルームとして試しに運用

入替え前:田園風景に視界が開けた食堂 これまで食事時間に限定して使用

入替え後:食堂をデイルームに移し、食堂だった場所も日中の居場所として拡張運用

2.居住空間の温熱環境の改善

 居室については本館と違い当初から個室と2人部屋のみで4人部屋が無かったこと、増築スペースがないことから居室構成はそのままとしています。空調については数年前に既に更新をされていましたので、今回の改修では熱環境を向上させる目的でサッシをペアガラス仕様にし、温熱環境を改善します。

 サッシの耐用年数は、アルミサッシだと一般に40年程度と長く、老朽化の面での緊急性は低く、更新費用も安くない(カバー工法で平米あたり10~15万程度)のですが、あゆみが丘学園では3年前に本館のほぼ全てのサッシをペアガラス仕様に改修したことで体感的に温熱環境が確実に改善することが分かっていましたので、ブナの木寮の改修においても予算の制約の中で優先的に改修項目に盛り込みました。

 本館改修の時は外壁沿いの内部仕上げを下地まで撤去して断熱材を吹付けましたが、幸いブナの木寮は建設当初から断熱がされていましたので、改修範囲はサッシの周辺に留め、既存サッシの枠を残したまま工事ができるカバー工法で改修します。1ヶ所あたりのサッシ交換にかかる工期は半日程度の為、利用者が日中部屋を出ている間に工事を行い、部屋移動による利用者負担がない計画としています。サッシは居室の他、機械室を除いた外周沿いも全てペアガラスに改修します。特に利用者の滞在時間が長い居室、デイルーム、食堂は断熱性能がより高いLow-E複層ガラスを採用しています。

3.利用者の変化に伴う洗濯機能の集約

 洗濯は元は手洗い場に併設された洗濯機を使い、それぞれ利用者が洗濯していましたが、最近はごく数人の方を除き職員が洗濯している状況でした。その実態に合わせて分散している洗濯室を1箇所に機能集約し、代わりに空いたスペースをトイレの数を増やしたり、将来床走行リフトの導入が可能な寸法のトイレブースの整備に充てました。

 新たに整備する洗濯室は、ボイラー室の機器が老朽化していたため熱源の方式を重油からガスに切り替え、機器を屋外設置に切り換えることで空いたボイラー室を転用します。また浴室の脱衣室に隣接する利点を活かし、コンクリートの壁を構造安全性を検討した上で撤去し、新たに引戸を設けて脱衣室から直接洗濯室に行き来できる改修も行います。引戸は洗濯カゴを抱えて余裕を持って通れるよう有効幅で1メートル確保しています。ボイラー室の熱源を切り換えて他の用途に転用することも、増築をしない中でスペースを捻出する有効な方法の一つです。

4.トイレ環境の改善

 改修するトイレは本館と同様タイル貼りの湿式清掃だったものを水に濡れても滑りにくい長尺シートによる乾式清掃や汚れにくい壁パネルにやり替えます。本館を使い始めて分かったことの一つに、乾式清掃にすると普段の使用は全く問題がないのですが、物を詰める等でごく稀に便器から汚水等があふれた時に直近に水を流す場所がなく水がトイレ全体に広がってしまったということがありました。今回の改修では本館の使い勝手を受けて掃除兼用ドレン(排水口)を各ブース毎に設けて万が一の時も汚水が拡がらない計画としました。

 床走行リフトの使用を想定するトイレブースは、スペースが広いに越したことはありませんが、既存改修の場合など制約がある場合は、数あるリフトの中でもトイレ介助に特化した機種を限定して提案し、2018年5月9日付のブログでも記事を挙げている1650×2150の寸法で計画をしています。

5.支援員の働きやすい環境づくり

 利用者の居住環境を改善するだけではなく、支援員の働く環境の改善にも取り組みました。手狭になっていた支援室を医務室を移動することにより約3倍に拡げ、分散していたために支援員の移動の負担になっていた更衣室・仮眠室を集約し内部で行き来できるようにしました。また支援室の一角に独立した部屋までは確保できませんでしたが休憩スペースを設けました。男女共用だった職員トイレは今回の改修で別々に分けます。医務室は移動した場所で手洗い、流し等の設備を充実しました。

 以上の改修を通して、利用者にとってはもちろん職員にとっても働きやすい環境づくりを目指します。
【清水大輔】

建築主
社会福祉法人丹後大宮福祉会
所在地
京都府京丹後市大宮町延利小字荒神谷口217
用途
障害者支援施設
構造
鉄筋コンクリート造
階数
2階建て
敷地面積
1,205.12㎡
建築面積
638.15㎡
延床面積
757.13㎡(内改修部分約350㎡)
竣工年月
平成30年12月(予定)
担当者
清水大輔