社団法人 全国社会保険連合会 社会保険横浜中央病院
2階改修 その他 1・3階 内装改修工事
   
改修計画を立てるにあたり、リニューアルの目的を明確にした上で、どのような改修を実現させていくか、
病院職員の皆様と綿密な打合せ行い、設計主旨を決定しました。

■リニューアルの目的

  • 1.CKDの総合一貫治療の拠点病院へ
  • 2.健康管理センターの再編成
  • 3.チーム医療センターの創設
  • 4.エントランスホールのリニューアル
  • 5.分かりやすさの向上・患者サービスの向上
  • ■具体的な改修項目
    ~1.CKDの総合一貫治療の拠点病院へ~

     ・腎機能改善外来の創設
     ・チーム医療の集約化
     ・日本初の目標達成型厳格治療の実践
     ・CKD治療の地域医療への貢献

    <CKDセンター>
    ・慢性腎臓病患者様の為の透析室や化学療法室、集約化したチーム医療が行える指導室を配置しています。

    <配置計画>
    ・透析室:スタッフステーションから全体を見渡せる配置計画としています。
    ・入口近くに入院患者様のベッドや隔離対応個室を配置しています。個室の壁は大きなガラス面とし、
     スタッフステーションからでも患者様を確認できる環境にしています。

    <照明計画>
    ・透析治療中の患者様の眩しさ軽減の為、天井の一部を下がり天井とし、直接光源が見えない間接照明を設けて います。また、穿刺処置時の明るさを確保する為に処置灯を設置しています。

    <デザインコンセプト>
    ・長時間治療される患者様に配慮し、落ち着きがあり、身近に感じてもらえる空間を創るため、住宅で使われている 色で全体を構成することを考えました。


    透析室(改修前)

    透析室(改修後)

    透析室(改修後)

    重症患者用透析室

    化学療法外科

    チーム医療センター周り

    ~2.健康管理センターの再編成~

     ・健診機能の再編成(患者やスタッフの合理化)
     ・受診者の方のスムーズな動線
     ・中央の受付での一括管理
     ・待合スペースの分散配置

    <配置計画>

    ・今まで各階に分かれていた健診機能(1階ー胸部X線、2階ー健康管理センター、3階ー内視鏡室)を2階に再編 成し、健診をワンフロアで行えるよう再編成することで、患者様やスタッフの合理化を図っています。

    ・健診センターの場所は病院の2階正面に配置しました。健診の検査室等の配置は、受診者動線が出来る限り重 複しないよう配置し、中央の受付で一括管理できる様に構成しています。

    ・ 健診のために新たに設ける胸部X線室周りに待合スペースを配置し、患者様の待ち時間へ配慮しています。

    <デザインコンセプト>

    ・年に1回の健診を、ゆったりとした気持ちで過ごしてもらえるよう、木目調の仕上げ材を使った落ち着きある空間を 創ります。


    健康管理センター(改修前)

    健康管理センター(改修後)

    健康管理センター(改修後)

    ~3.チーム医療センターの創設~

     ・患者様とご家族のクオリティオブライフ(生活の質)の維持、向上

    <改修項目>

    ・相談室、指導室新設

    ~4.エントランスホールのリニューアル~

     ・新しい病院の顔

    <照明計画>

    ・少し暗いイメージがあるため、間接照明やブラケット照明を設置し、やわらかな光に包まれたホールとします。

    <内装計画>

    ・大理石のカウンターや壁面は既存のまま残しますが、天井は白く塗装し、床材は明るい色のビニール床タイルで 仕上げます。

    エントランスホール(改修前)

    エントランスホール(改修後)

    受付まわり(改修後)

    ~5.分かりやすさの向上・患者サービスの向上~

     ・サインの再整理
     ・診療部ごとのテーマカラー

    <サイン計画>

    ・患者様の院内の移動を出来る限り分かりやすくするため、棟や診療部ごとに色を設定します。
    ・既存の乱雑な広告等を整理する為、掲示板を各診察室廻りに設置します。


    A棟廊下案内サイン

    C棟廊下案内サイン

    健康管理センター受付

    2階フロア案内サイン
    ■所在地   :神奈川県横浜市
    ■主要用途  :病院
    ■事業主体  :社団法人 全国社会保険連合会
    ■設計    :東京支店支店長  河津 孝治
            東京支店 設計室 室長  田淵 幸嗣