エントリー

2016年02月の記事は以下のとおりです。

【完成見学会開催】 京都木材会館

清水大輔

京都木材会館が、間もなく竣工します。
木造で4階建ての規模は、京都府内で初となります。

事業主は京都産材の普及を目的とする京都木材協同組合で、
構造材に100%京都府産の杉、桧を用い、京都市内の設
計事務所、施工業者で取組み実現しました。

 

写真に見える五連のスリット窓は、京町家でよく見る虫籠窓

をモチーフにしています。また、一番下の五連窓の周りは、

瓦をイメージした段々の金属板葺きを採用し、外壁の陰影を

深くしています。

 

先程の五連窓を内側から見た写真になります。

写真の突き当たりに大きな上下二段の窓がありますが、
窓の外に坪庭をつくり、建替え前に植わっていた台杉が
間もなく移植される予定です。

写真右手は北山磨き丸太によるルーバーで、一番長いもの
で5.4メートルあります。元口(根元)から末口(上部)
にいくにつれ径が絞られていきますので、建物の中にあり
ながら杉林のような、自然の中にいるような雰囲気があり
ます。

このあたりの雰囲気は、写真よりも現地で見て頂くのが何
よりですので、完成見学会に是非お越しください。
設計者ブログの左のバナーから申込みページにリンクして
います。

壁は漆喰塗りとし、スリット窓の周りは三方塗り回しとし、
室内に柔らかい光がはいるように計画しました。

角地からの見上げです。昨年8月27日付のブログでも書

いていますが、杉の無垢材を使った木製ルーバーが合計

40枚並んでいます。開口部に面した箇所は室内から手動

で回転できるようになっています。ルーバーの寸法がそれ

なりに大きい(幅430×高さ3450)ので、どこまでスムー

ズに回転するのか、現場に取りつくまで心配でしたが、実

際に取りついてみると思った以上に滑らかに動くので感動

しました。この辺りも、是非完成見学会で現地にてご確認

頂ければと思います。

 

先程と同じく見上げの写真ですが、上半分に水平ラインが

三本通って見えます。これは、バルコニーの鼻先と屋根の

軒先を位置、角度見付共に合わせ、意図的に揃えて見せて

います。

 

室内もかなり出来上がってきているのですが、美装工事前
なので、この辺りも完成見学会を楽しみに来て頂ければと
思います。

完成見学会は平日の3月8日、9日二日連続で開催します。
申込み〆切は2月29日(月)です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed