設計コンセプトConcept

高齢者

改修 - トイレ ー

竹の里ホーム

築18年の従来型特別養護老人ホームの増改築計画です。 年々変わりゆく入居者の方々の状態と、それに伴う介護方法の変化を考えた時、特にトイレ廻りの環境改善は、入居者・介護職員の皆様にとっても、強く求められていることでした。 そのため、日常的に利用する部分の環境改善や、既存のラウンジスペースの有効活用を検討し、増改築計画を行いました。

1.トイレの増設・改修 :既存のトイレは、車椅子対応としては少し狭いもので、トイレの数も増やしたいとの要望でした。 建物全体との配置関係も検討し、既存の庭部分にトイレ・備蓄倉庫棟を増築することとなりました。 手摺や補助器具を設置した車椅子対応の広いトイレを増設し、各トイレは個室で窓を設置しました。

2.ラウンジスペースの活用:特養の食堂に隣接し、対面カウンターキッチンのあるラウンジがありましたが、入居者の方に合うスケール感のスペースに改修しました。 大きな対面カウンターは撤去し、ラウンジの一部に静養室をつくりました。 キッチンは新しく入れ替え、収納部分は施錠管理できるようにしました。 また、廊下に置かれていた複数台の車椅子が収納できるスペースも設置しました。

事業主 :社会福祉法人海印寺徳寿会
所在地 :京都府
用 途 :特別養護老人ホーム(従来型)
構 造 :改修部:鉄筋コンクリート造 増築部:鉄骨造
規 模 :地上6階
改修面積:117.61㎡ 増築床面積:39.2㎡
工 期 :平成26年9月~平成26年11月

あまだ翠光園

「施設内安心・安全重点改修」 利用者の身体状況に配慮し、より安全で使いやすいトイレを目指しました。 男子トイレは手すりを設け、掃除がしやすい壁掛式小便器としました。 女子トイレは姿勢を保つための手すりや跳ね上げ式カウンターを設置しました。それぞれのブース内にポイントタイルを貼りました。

「失便処理装置の設置」 利用者が排泄を失敗した際、体を洗浄する等の対応を行う場所(失便処理ブース)を設置しました。 体を支える跳ね上げ式カウンターや、温水シャワー、床には洗い落とした汚物を全て排水できる装置を設置しました。 そうすることで、トイレの臭いのもとをできるだけ無くすようにするためです。 排水口のかたちや水を流す位置については、工事前に実物模型による流れ方の検証を行いました。

事業主 :社会福祉法人福知山学園
所在地 :京都府
用 途 :障害者支援施設
構 造 :鉄筋コンクリート造
規 模 :地上2階 地下1階 延床面積3,541.72㎡
改修面積:約60㎡(男子トイレ・女子トイレ)
工 期 :平成20年11月~平成21年2月