設計コンセプトConcept

病院

動線計画 - 人と物の流れ -

■動線を考え機能を整理する
動線の交差をなくす

病院計画においては動線の交差を極力なくすことが、患者さまにとっての利便性向上、事故や院内感染の防止、機密保持につながります。

移動距離を短くする

外来・検査部門では患者さまの移動する距離をできるだけ短くすること、また、できるだけ一筆書きのような経路で移動することができる構成が大切です。病棟であれば、看護スタッフの移動する長さを短く設計することで、一日の労働負担の軽減につながります。ベッドや医療機器の移動が頻繁となる病棟では、曲がり角を減らすなどの工夫が必要です。

目的地へ容易にたどり着けるよう誘導する

病院計画の動線は複雑になりがちです。患者さまが次の目的地へスムーズに移動できるよう、わかりやすい平面計画、迷わずに済む案内(サインなど)の掲示などの工夫が大切です。

いる場所の意味がわかる明快さ

体調のすぐれない患者さまやお年寄りにとって、自分のいる場所が正しく認識できることは安心感にもつながります。わかりやすく、迷わずに目的を達成できる施設計画がされていれば不安等によるストレスの軽減にもつながります。

【参考例】電子カルテを導入し、医事課を分離

これまで中規模病院では、医事課と診察室の裏動線を連続させる計画が一般的でした。この病院では、電子カルテとオーダリングシステム等を導入することでカルテや伝票類の人による移動をなくせるとの判断で、医事課を独立させた配置とされました。 むしろ外来の診察エリア、処置室と専門である内視鏡検査、処置室の裏動線をつなぐことで看護スタッフの動きやすさを優先し、スタッフ同士の連携が図り易いゾーニングとしました。

外来スタッフの拠点となる処置室を中心に配置し、診察裏動線と内視鏡のリカバリールーム、救急処置後の観察ベッドとして多目的な利用を考慮したスペースとなっています。

【参考例】外来スタッフの移動距離を最小限に

外来診察、救急、内視鏡、医事課を中央に集約させることで、日中・夜間を問わずスタッフの移動距離を最小限にし、患者の見守りや迅速な対応ができることに配慮した動線計画を行いました。救急処置室は、通常外部から直接出入りできる病院が多いですが、外来診察時間帯での対応や処置後の経過の見守りを優先させました。