ブログInformation

高齢者

洗面キッチン考2

  • 2008/06/25
  • 高齢者

特養ブログ006

080625
岩崎直子

洗面キッチンを考えるにあたって、
車椅子利用者の方が使うことを前提とした場合の
これまでの洗面・キッチンの高さについて調べました。

このことは、これまでも検討し続けられていることではありますが、
もう一度整理してみます。

いくつか設計資料を見てみますと、
ミニキッチンでも洗面台でも、シンクや洗面台の高さは
730㎜か750㎜と記載されています。
(小柄な方には、720㎜程度がおすすめとも書いています。)
ただしこの場合は立って使われることも考慮されています。
立って使うには確かに小柄の方でも、
ひじを置いて体を支えることができそうです。
けれども車椅子に座って使うと、ひじがおけない。
前傾姿勢をとることが難しかったり、
水がひじまで伝ってきて、使いづらいことになります。

そうすると、もっと低いものにできないかとなります。

もっと調べますと、高さ660㎜だと使いやすいという話や、
さらに620、630㎜にしたいという要望がある
ということもわかりました。

車椅子の座面は床から400㎜です。
車椅子に座った方のひざがあたらないように
洗面キッチンの下の空間高さを考えると、
高さ550㎜程度は必要です。

そうすると、洗面ボウル(またはシンク)の深さが決まってきて、
70~110㎜程度の厚みで納めなければなりません。

さて、そんな洗面ボウル(またはシンク)があるのかどうか。

もう少しヒアリングを続けてみます。