ブログInformation

時空読本 / No.10

診療所

  • 2001/06/01
  • 時空読本
  • No.10
診療所―その機能変化への対応
無床化と世代交代
既存精神科病院のハード整備
有床診療所の無床化が進んでいます。平成3年10月に23、369あった全国の有床診療所は平成13年2月には17、600となりました。
無床化に踏み切ると同時に、空いたスペースを活用して新事業に着手されるケースも増えています。例えば、通所リハビリ施設やグループホームへの転換がよい例です。
また、診療所改修のきっかけで多いのが世代交代によるものです。親の事業に子供が参加し、より幅広い地域医療を展開するものです。
工事期間中のさまざまな問題を解決しましょう
ゆう建築設計では、診療所の機能変化を的確に把握し、改修や建て替えの提案を行っています。診療所の改修にあたっては、診療を続けながらの改修が可能か、ということがポイントになります。診療所の機能変化に対応する方法はいくつもあります。私どもは常にコストを考慮しつつ、多様な提案を行っています。

 

実例:父親が開業していた有床診療所を改修し、長男、次男が開業、元病室スペースを住居とするというケースです。