ブログInformation

時空読本 / No.12

医療・福祉情報最前線 海外の医療・福祉施設から学ぶもの

  • 2002/06/01
  • 時空読本
  • No.12
医療・福祉 情報最前線 ■Proposal 

ゆう建築設計では、医療・福祉施設を多く手がけています。 医療法などの関係法令の改正にも十分に配慮し、常に新しい情報に 基づいた設計を行っています。また、前回の時空読本でご紹介したように、浴室や便所の原寸模型を使っての寸法決定など、 細やかな設計を心がけています。そして、常に新しい情報を求めて、 国内・海外を問わず、施設研究にも力を入れています。 今回の時空読本では、現在ゆう建築設計で設計中の新型特別養護老人ホームのモデルとなったオーストラリアの痴呆専門ナーシングホーム 「アダーズ・ナーシングホーム」視察をご紹介します。 また近年、院内感染防止を考える上で、清掃方法が注目されるところですが、スウェーデンでの床材の使用方法について、病院及び工場視察を 行いましたので、あわせてご紹介いたします。