ブログInformation

時空読本 / No.16

医院の改修 ~選ばれる病院へ~

  • 2004/06/01
  • 時空読本
  • No.16
■Proposal

バリアフリー、ユニバーサルデザイン、病院機能評価などが広く知られるようになり、病院においては医療環境の充実が、選ばれる施設となる指標になってきました。
今、消費者の選択の目は医院にも及んでいます。
消費者に最も近く、信頼できる医院であるとともに、医院環境の快適さが、選ばれる医院の条件となっていくでしょう。

 

■辻際醍醐診療所 ~患者様の増加に合わせて~

辻際醍醐診療所は、有床診療所時代のスペースを生かし、患者様の増加とともに手狭になった物理療法室の拡充を図ります。
診察室もプライバシーを確保して数を増やし、スタッフの動線も機能的に整理しました。
また点滴室は、長時間点滴の患者様の環境を重視し、個室を確保して快適な環境で治療に専念していただきます。

平面プラン
外観

診察室

個室点滴室

 

■S医院 ~親から子への世代交代を機に~

お父様が開業されておられる医院に、ご子息が合流され、最終的には引き継がれる計画です。
それを機に、既存の医院を改修します。
住宅街に面して建つ木造2階建ての医院は、その外観を一新し、明るく生まれ変わります。
内部も、プライバシーを守りながら機能的に動線を整理し、お父様が築いてこられた地域の信頼をより深めていきます。

外観を一新
外観を一新

医院入口

待合室

 

■T医院 ~商店街の店舗を改装~

T医院は、新たに独立開業される計画です。
新しい医院は、商店街の元店舗という立地条件を生かし、地元の方々に広く親しまれる身近な医院を目指しています。
外装の改修は、シンプルで明るい中にも、安心感と親しみのあるデザインとしました。
内部は患者様とスタッフの動線に配慮し、機能的で簡潔な構成を心がけています。

正面外観
商店街から見る


待合室