ブログInformation

時空読本 / No.16

精神病院のこれから ~多様なニーズに対応する~

  • 2004/06/01
  • 時空読本
  • No.16
■Proposal

多様なニーズに対応する

医療機関の療養環境の向上は近年目を見張るものがあります。
中でも、精神科病院における療養環境への関心は、急激に高まっています。
精神療養病棟は長期療養が必要な患者様のニーズに応え、より心安らぐ環境を提供するものです。
また、現代社会の問題となっている、ストレスケアの充実も重要なニーズであり、より繊細でパーソナルな対応のできる環境がこれからの精神科病院に求められます。
高齢化する患者様への対応、若年者にとっては少しでも早い社会復帰の実現それらを可能にするための地域との連携と理解等、これからの精神科病院に求められるものは多様性を増しています。

 

 

■医療法人栄仁会 宇治黄檗病院

地域と連携し、多様なニーズに対応

宇治黄檗病院は、現在第七期整備計画が進行中で、秋には第一期工事が完成します。
急性期治療、療養、身体合併症、老人性痴呆など、様々な患者様への対応を行っていますが、今回の整備計画では、増えつづけるストレスケアに対応するため、既存病棟の改修も行います。
ストレスケアは重症ではなくとも、個別の細やかな対応が特に必要となり、病院という特殊性から来るストレスになるべくさらされない、静かな環境が重要になります。
患者様の社会復帰や高齢化に対しては、デイケア、デイサービス、福祉ホーム、グループホームなど、地域との連携を高めながら、多様なニーズに迅速に対応していきます。

第七期整備計画完了後の全景

落ち着いた内装の病棟

落ち着いた精神科待合

分かりやすい中央受付け

光の降り注ぐ「おうばくホール」

 

 

■医療法人三幸会 第二北山病院

あゆみ棟全景

あゆみ棟が竣工しました

「医療法人三幸会 第二北山病院・あゆみ棟」が完成しました。
外観は、バルコニーのデザイン、屋根状の庇、外壁の色など、周囲の環境にマッチさせるために工夫を重ねました。
精神療養病棟3病棟、173床で構成される建物内は落ち着いた木目調の内装を基調とし、より日常生活に近い療養環境を目指しました。
現在は、既存病棟の全面改修工事が進行中です。
鉄格子の撤去、便所・シャワー室・洗面の充実など、療養環境の向上を目指しています。
隣接する「デイケアかりん」とともに、新たな医療環境で精神科医療の充実を図っていきます。

落ち着いた雰囲気の個室

広々とした食堂

明るく広い浴室

畳敷きの談話室